タイソン ダグラス。 マイク・タイソンはなぜダグラスに負けたのですか?

「タイソン、ダウン!」世紀の大番狂わせの“真相”:イザ!

☏ 30周年ということで、最近メキシコのテレビ、新聞、ネットメディアがメイラン氏にスポットライトを当てタイソンvsダグラスを回想させている。 因みにタイソン、ホリフィールド戦で日本円にして計30億円以上もの富を得たという。 不動産王のトランプ氏は牙城というべきニュージャージー州アトランティックシティで当時、ボクシング興行を開催していた。

タイソンvsダグラスから30年。「あれはロングカウントではなかった」。レフェリーが明かす疑惑の真実(三浦勝夫)

💋 ある通信社は「ボクシング史上最大の番狂わせ」と速報を打電した。 もう一度映像を見ると、確かにメイラン氏がカウントを数え始めるスピードは速い。

14

タイソンに対戦オファー続々 今度は〝世紀の番狂わせ〟ジェームス・ダグラス氏が名乗り (2020年12月2日)

☮ 一方で、練習後にハイテンションな姿を見せた日もあった。 (臼杵孝志). 3日は東京・後楽園ホールで観客を入れた有料公開スパーリングが予定されていた。

14

【1990年2月11日】無敵タイソンがKO負け「ボクシング史上最大の番狂わせ」(2021年2月11日)|BIGLOBEニュース

😈 陣営は明らかに焦っていた。

9

タイソンに対戦オファー続々 今度は〝世紀の番狂わせ〟ジェームス・ダグラス氏が名乗り

🤔 スライマンには(宿泊先の)ニューオータニ・ホテルでも罵られた。 唯一のミステイクとは? 私的な見方では10回のタイソンのダウンシーンの方がカウントの進行が遅い。 私のでっぷりとしたおなかをさすってくるなど、日本人記者ともスキンシップをとった2年前のように本来の明るいタイソンが戻ってきたと思ったのもつかの間、翌日からピリピリモードが再開した。

19

【1990年2月11日】無敵タイソンがKO負け「ボクシング史上最大の番狂わせ」 (2021年2月11日)

😭 対するダグラスは一度王者決定戦でトニー・タッカーにKO負けした経緯もあり、 タイソン戦はある意味最後のチャンスであり、かなり気合も入っていました。

4

【1990年2月11日】無敵タイソンがKO負け「ボクシング史上最大の番狂わせ」(2021年2月11日)|BIGLOBEニュース

💓 タイソン陣営は試合後、8回のロングカウントを抗議し、WBAとWBCが結論を持ち越したが、後に裁定通りの結果が認められた。 「あれはロングカウントではなかったか?」という疑いが今でも話題に上る。 ある通信社は「ボクシング史上最大の番狂わせ」と速報を打電した。

20