インド 14 歳 アナンド。 インド少年がコロナ騒動予言的中! もっとヤバい“スーパーバグ”とは!?

アナンドという14歳のインドに少年が2020年12月から3月にかけて新型コロナ...

⌚ ウィルスは生き物です。 なお、周知の事実として、事業で利益を出すために必要なことは「売上を増やし、費用を減らすこと」です。

4

アナンドという14歳のインドに少年が2020年12月から3月にかけて新型コロナ...

🤭 先進国でも耐性菌の存在は良く知られている。

13

「5月29日以降、コロナ収束」新型コロナを“完全予言”した14才の占い師!「今年12月により深刻なパンデミック」

☘ みんなお店で食べるよりテイクアウトのほうが感染予防になるなんて、本気で思っているのでしょうか。

【雑談】【 怪しいコロナ予言 】・・・インドの14歳の少年の言葉が、一部の人に関心を持たれているようだ・・・|フレンズちゃんねる

👋 そして、蚊のウイルス感染に備えてベープとスキンガードくらいは用意しておこう。

6

やはり秋から第三次?大惨事? 『アビギャ・アナンド君』『2020年12月20日』『9月と11月』『食糧危機』

😙 だが、別の動画では「以前から警告していたパンデミックとは胃腸に関係するもの」とも言っており、次の第二波が新型コロナが変異したものなのか、別物の細菌・ウイルスなのかは不明だ。

8

インド少年がコロナ騒動予言的中! もっとヤバい“スーパーバグ”とは!?

🤚 第3回の患者数・死亡者数は比較的少数であった。

15

「5月29日以降、コロナ収束」新型コロナを“完全予言”した14才の占い師!「今年12月により深刻なパンデミック」

😅 元キャリア外交官であり、現在では原田武夫国際戦略研究所(IISIA)というシンクタンクを立ち上げて、国際情勢やマーケット等に関する情報を発信している。 原田武夫氏は、世界の支配者層たる根源的階層(王侯貴族)とのパイプを持つ、ハイレベル層から情報を得ているようで、その情報に自身の分析を加えているようだ。 インドの14歳の少年である師アビギャ・アナンド君の予言 アビギャ・アナンド君は、2019年8月22日ににアップロードされた「2019年11月から2020年4月までの大災難」で、2019年末からウイルスが発生し、3月29日から4月2日にかけて状況が悪化していくと言っており、見事にを言い当てたと話題になっていましたが、今回はその続編です。

19

【雑談】【 怪しいコロナ予言 】・・・インドの14歳の少年の言葉が、一部の人に関心を持たれているようだ・・・|フレンズちゃんねる

✔ 「覚悟を決める=心の底からの決意する=意思」だと思えるのです。 。 信じる、信じないは人それぞれだし その記事を読む事によって 皆さんが次に起こるであろう事に 真剣にとりくんで 「免疫力」 「野菜を食べる」 「慎ましく生活する」など。