早稲田 大学 バレー 部。 2020/10/31 秋季リーグ代替試合4日目 桜美林大学戦

10か月ぶりに躍動感 早稲田、東海が快勝。関東大学バレーボール秋季リーグ戦代替大会開幕

📲 バレーを始めたのは小3のとき。

14

10か月ぶりに躍動感 早稲田、東海が快勝。関東大学バレーボール秋季リーグ戦代替大会開幕

🤚 そのバレーが本当に楽しかった。 以下は次回の試合の情報となります。

17

10か月ぶりに躍動感 早稲田、東海が快勝。関東大学バレーボール秋季リーグ戦代替大会開幕

👆 その後、コート全体を使う相手の攻撃に翻弄されて4連続失点を喫し、12-16と離されてしまいます。 ほかにも選択肢に入っていたバレーの強豪校はあった。 プレーはもちろんすごいんで、大塚にとってやりやすいプレーを引き出してあげたいと思ってます」 大塚は 身長194cmで、最高到達点はチームトップの340cm。

16

大学バレー

🤙。

15

10か月ぶりに躍動感 早稲田、東海が快勝。関東大学バレーボール秋季リーグ戦代替大会開幕

👏 ここで、流れを変えるために投入された 3吉内 スポ4。 近大の選手たちの多くがそう思っていたが、ひときわ強く「また負けてたまるか」と思っていたのが森だ。

16

バレーボール部

☮ 目指す場所にたどり着くために何が必要か、大塚(中央)は求め、行動してきた 日本男子バレー界の若きWエースである柳田将洋はドイツ1部リーグのユナイテッド・バレーズで、石川祐希はイタリア・セリエAのパッラヴォーロ・パドヴァでプレーしている。

15

2020/10/31 秋季リーグ代替試合4日目 桜美林大学戦

😝 流れを取り返したい第2セット、 2村山 教育4 の速攻で先制点をあげると3連続得点と幸先良くスタートします。 冬の全日本インカレは最大6連戦となる。 本日の試合は、自分たちのペースが掴めないままに終わり、悔しい結果となりました。