滅相 も ない 意味。 「滅相もない」の意味と使い方|語源や由来・敬語表現

「滅相もない」は仏教から出た言葉|「滅相」とはどういう意味か?

⚒ AさんはBさんが苦しいときに、Bさんを助けてあげました。 例えば上司から疑いの言葉をかけられたとき、「とんでもない!」と否定するときに使う言葉を丁寧に言うと「滅相もないことです」となります。

15

「滅相もない」の意味と使い方・とんでもないとの違いと例文3つ

✋ よく見かける「滅相もないです」という言葉には、「とんでもないです」という意味が込められています。 ) A ベストアンサー <表示されてしまった場合> これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。

3

「滅相もない」の意味と使い方・とんでもないとの違いと例文3つ

☣ 「滅相もない」の方が堅い表現なので、目上には「滅相もない」を使うべし 「滅相もない」と「とんでもない」は類語表現ですが、「滅相もない」の方が堅い言葉なので上司や取引先などの目上の人には「滅相もない」を使った方がベターでしょう。

「滅相もない」の意味とは?正しい使い方をわかりやすく解説!

🤝 日常でもよく使う言葉ですね。

8

「滅相もない」の意味と使い方|語源や由来・敬語表現

🚀 美しい日本語、昔からの日本語、通じる日本語、 この3点を満たした言い方ということになると、 「とんでもないことです」(通常) 「とんでもないことでございます」(より敬意がつよくなる) という言い方になります。

13

「滅相もない」の意味とは?正しい使い方をわかりやすく解説!

⚒ また「恐縮に存じます」は、「存じる」が「思う」の謙譲語になります。 「滅相もない」はあまり使う機会がない言葉であるからこそ、いざ使うときに困らないように、しっかりと意味や使い方を身に付けておきましょう。 「とんでもない」は形容詞なので、他の名詞を修飾する必要があります。

15