交通 事故 防止 標語。 交協連「交通事故防止」入選作品

平成30年度「高校生による交通安全標語コンクール」入賞作品/浜松市

😉 心身共に健康・健全であることは、明るい生活のみならず、企業の健全な発展の基礎となります。

18

事故防止のための標語・対策・おすすめのグッズ|高齢者/二輪

☮ 大きくあげた 小さな手 佳作 よいマナー 守ってペダルを 踏む笑顔 佳作 そこはダメ! 交通事故の事例の分析に基づく再発防止策を指導する。

大阪府/「交差点の交通事故防止標語」が決まりました

⚔ その8|そこのYOU! 死にたくないなら 赤 止まれ! これは単純な呼びかけるタイプのスローガンですが、「そこのYOU!」というのが某芸能事務所の社長を彷彿とさせます。 以下、交通安全標語(道路標語)・スローガンまとめ(194選) 交通安全の意識が高まると幸いです。 マナー(イヤホン・スマホ)• 入選作品数 賞品 最優秀賞 3作品(各部門ごとに、1作品) 2万円分の図書カード 優秀賞 3作品(各部門ごとに、1作品) 5千円分の図書カード• その中で、シチュエーション別に見てみますと、交通事故死者数は歩行中の方の事故が極めて高く、次に自動車乗車中の事故となっています。

8

標語『交通安全標語(道路標語)・スローガンの気になる言葉』一覧リスト

☝ よそ見 飛び出し 交差点 佳作 エンジンより さきにかける シートベルト 運転者向け 内閣総理大臣賞 危険です 寝不足積み過ぎ 飛ばし過ぎ 佳作 慣れた道 思わぬ事故の 落とし穴 佳作 飲みません 車ですから 佳作 まずゆとり 車社会の合言葉 佳作 なれた道 気のゆるむ道 事故の道 佳作 運転は 無駄なく無理なく 油断なく 佳作 おもいやり 車社会の 第一歩 佳作 思いやり 乗るも歩くも 同じ人 佳作 事故を呼ぶ 疲れイライラ 気のあせり 佳作 安全運転 一人ひとりが みな主役 佳作 大丈夫? かつて、日本陸軍の自動車部隊の教官の言葉として、自動車運転の極意とは『前を向いて運転すること』というお話を聞いたことがあります。 当協会の会員事業場の役員・従業員である方• 総務庁長官賞 つくろうよ 交通事故が ゼロの街 警察庁長官賞 さあわたろう いつものみちでも みぎひだり 文部大臣奨励賞 あぶないよ おしゃべりしながら 歩く道 佳作 ぼく待つよ あの車が 通るまで 佳作 確認は 一度と言わず 二度三度 佳作 あかしんごう いっぽさがって ひとやすみ 佳作 とびだしは ルールいはんの レッドカード 佳作 とびだせば すきなくるまも こわいかお 佳作 落とせ! 交通安全標語(交通安全年間スローガン)は、これらの活動、運動の一環として募集されます。 慣れた道 事故が起きたら もう遅い という感じですね~。

10

事業用自動車の安全対策:自動車総合安全情報

👉 普段はまともな運転者であっても、その運転者を狂わせるのが『飲酒』です。

令和2年度 交通事故防止作品コンクール « 三重県交通共済協同組合

🤐 佳作 つうがくろ よこにひろがる いけない子 佳作 闇の中 輝くライトは 守り神 佳作 自転車も ルールあります 守ります 佳作 手を上げて えがおでかえす ありがとう 運転者向け 内閣総理大臣賞 新世紀 になうこの子に チャイルドシート 総務庁長官賞 停まってね あなたを信じる 小さな手 警察庁長官賞 運転は ベルトを締めて 携帯切って 佳作 子を包む 親の優しさ チャイルドシート 佳作 止まります 電話するとき 受ける時 佳作 抱っこダメ! そのイライラが 事故のもと 佳作 譲られて 譲って 笑顔ですれ違い 佳作 ゆずりあい 車も人も きもちよく 佳作 大敵は その無理 その酒 その速度 佳作 おみやげは 無事故でいいの お父さん 佳作 さりげなく 譲ったあなたに 感謝の会釈 佳作 警笛より 徐行が示す 思いやり 佳作 シートベルト 締める一秒 守る一生 佳作 人ごとと 思うな 今朝の社会欄 佳作 先ず締めて 心に安心 身に安心 佳作 ゆずり合う 心で走る 日本の道 佳作 のみません しめますベルトと 気のゆるみ 歩行者向け 内閣総理大臣賞 横断は 見るくせ 待つくせ 止まるくせ 佳作 ママやめて 黄でも赤でも 渡るくせ 佳作 止まる見る 待つ習慣が 身を守る 佳作 つなぐ手で おぼえる信号 おしえる規則 佳作 母の手は 幼児を守る 命綱 佳作 安全へ ひと声かける おもいやり 佳作 青信号 それでも確認 右ひだり 佳作 待ちましょう あなたの足より 車は速い 佳作 渡る前 もう一度見直す よい習慣 佳作 おばあちゃん 一緒に渡ろう 次の青 佳作 二人乗り いつも危険を 乗せている 佳作 急ぐまい 次の青まで三〇秒 佳作 イロハより 子に信号を まず教え 佳作 つないだ手 はなれたときが 子の危険 佳作 夜の道 車は見えても 見えないあなた 佳作 自転車フラフラ 車はヒヤヒヤ こども部門 内閣総理大臣賞 あぶないよ わき見無灯火 二人乗り 佳作 道路では しないとび出し ふざけっこ 佳作 とびだすな 車のすぐ前 すぐうしろ 佳作 遠くても 行きも帰りも 通学路 佳作 小さい手 大きくあげよう おうだんほどう 佳作 ぼくだけは そういう自信が 事故のもと 佳作 がまんだぜ 青になるまで がまんだぜ 佳作 事故がまつ 道で遊ぶ子 とびだす子 佳作 ちこくする 急ぐ心が 事故のもと 佳作 乗る前に ちゃんとてんけん よいこのしゅうかん 佳作 とび出しはしないと みんなで おやくそく 佳作 とび出せば 横断歩道も こわい道 佳作 まもりましょう せっかくしってる 交通ルール 佳作 急ぎません とび出しません ふざけません 佳作 とまろうね 四ッ角出る時 渡る時 佳作 手をあげて わたるよい子に 事故はなし 運転者向け 内閣総理大臣賞 赤信号 老人 子供 白い杖 佳作 のみません 居眠りしません とばしません 佳作 安全を つなぐ空間 車間距離 佳作 安全は いつでも止まれる 余裕から 佳作 一ぱいで 狂うあなたの ウデとカン 佳作 一瞬の 事故はその慣れ その油断 佳作 運転の マナーで決まる 今日の無事 佳作 運転の 見栄と見せ場が 命とり 佳作 運転はシートベルトを 締めたあと 佳作 きしませる タイヤは無茶を しかる声 佳作 さあ、どうぞ ゆずる気持に 事故がない 佳作 締めよベルト ゆるめよ速度 佳作 シートベルト しめれば締まる こころまで 佳作 出発は早めに 途中はゆっくりと 佳作 人生は 長い旅路だ ゆっくり走ろう 佳作 妻や子に 無事故のおみやげ 今日もまた 歩行者向け 内閣総理大臣賞 話合う 家族で 事故のない世界 佳作 ママあぶない ゆっくり待とう 次の青 佳作 安全は 急ぐことより 待つ根気 佳作 あぶないぞ 見ぬふりやめて 声かけよう 佳作 親と子と つなぐ手 愛の手 無事故の手 佳作 車から みえてると思うな 夜の歩行 佳作 子に恥じぬ 親が手本の よい横断 佳作 左右見る 親の習慣 子がまねる 佳作 自転車も 一時停止の よい習慣 佳作 自転車の無灯火 飛び出し 命とり 佳作 ちょっと待つ よい習慣が 身を守る 佳作 放す手が 事故につながる 立ち話 佳作 回り道 しても渡ろう 横断歩道 佳作 行けるだろう 渡れるだろうの 無理が事故 佳作 ゆずり合う 人と車で 明るい交通 佳作 夜の道 あなたの知恵は 目立つ色 こども部門 内閣総理大臣賞 信号が 青でもよく見て わたろうね 佳作 通るな わたるな くるまの間 佳作 あぶないぞ よそ見 とび出し 事故のもと 佳作 赤はだめ 黄色はしんぼう 青をまて 佳作 青だけど よく見てわたろう おうだんほどう 佳作 気をつけよう 大きな車の 前・後 佳作 気をつけて えがおであい図 おうだんほどう 佳作 けがをする 泣きむし よわむし しんごう無視 佳作 さあわたろう 右手はたかく 青信号 佳作 自転車も おりて渡ろう 横断歩道 佳作 ちょっと待て 青の点めつ 飛び出すな 佳作 とびだすな ボールはあとでも ひろえるさ 佳作 とび出した キミをにらんで赤信号 佳作 とびだすな くるまのかげや ほそいみち 佳作 ぼくしない しんごうむしと とびだしは 佳作 みぎひだり よく見て手をあげ おうだんほどう 運転者向け 内閣総理大臣賞 運転が 示すあなたの お人柄 佳作 安全は ムリ・ムラ・ムダの ない運転 佳作 安全ベルト着ける余裕が 身を守る 佳作 一秒を いそぐ心に 事故の影 佳作 越されても 追いつかれても マイペース 佳作 さあ発車 ベルトをしめて 気をしめて 佳作 シートベルト 着けるゆとりが 身をまもる 佳作 その速度 命と石油の ムダ使い! すべてひらがなで若干字余りなのも、逆に脳裏にその言葉を焼き付けるには十分な要素といえるでしょう。 募集は締め切りました。 元来、標語もスローガンも同意とされますが、アピール性の高い標語をあえて、スローガンと称するとのこと。

14

事業用自動車の安全対策:自動車総合安全情報

⚡。 そのため、この重点テーマには• 重点テーマ この重点テーマは「秋の全国交通安全運動」における重点テーマでもあります。

社内スローガン

🙄 「上・中・下」に当てはまる語句を「上・中・下」の句ごとに分けます。 入選作品は最も優れたものを最優秀賞、それに次ぐものを優秀賞とし、2021 令和3 年11月11日 木 に熊本県熊本市にて開催する第57回全国陸上貨物運送事業労働災害防止大会において顕彰するとともに、当協会のホームページや広報紙「陸運と安全衛生」で公表いたします。 入選作品は、2021 令和3 年6月に、当協会のホームページや広報紙「陸運と安全衛生」で公表します(いずれも、作者の氏名、勤務先の会社、団体等の名称、所属する都道府県支部名を含みます)。

11

標語交通編

☘ とはいえ、現実には守りがたいものがあります。 実質的に意味の無いことではありますが・・・。

19