森 喜朗 辞任。 森喜朗会長に東京五輪組織委員長の辞任求める声が続々。「#森喜朗氏は引退してください」がTwitterで拡がる(ハフポスト日本版)

「女性蔑視」森喜朗辞任騒動のわだかまり

💖 例えば森氏は冒頭で明白に「 女性が沢山入っている理事会は時間がかかる」と言っている上に、其の引用を肯定しながら「女性っていうのは優れているところですが競争意識が強い。 川淵氏は前日、会談後に自宅前で取材に応じ、「人生最後の大役」と受諾する意向を示し、森会長を相談役に据える方針を明かしていた。

4

森喜朗会長に東京五輪組織委員長の辞任求める声が続々。「#森喜朗氏は引退してください」がTwitterで拡がる(ハフポスト日本版)

✍ 筆者の主張のポイントは2つ。 そんななか12日、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の臨時会合で辞任を発表した森会長。 森会長の辞任について菅総理らは「(組織委は)独立した組織で、権限がない」としてきたが、一転して介入が表面化した。

12

差別発言辞任の森喜朗が、自著に綴った「五輪に賭ける熱い思い」から見える東京五輪の行く末

😋 Twitterで森氏の辞任を求める声が出ていることに触れ、「森氏の発言は女性に対する差別に他ならない」や「最も重要な問題は、誰も彼に異を唱えなかったこと」というSNSでの声を引用して伝えていた。 女性蔑視で五輪・パラリンピックの精神にも反すると猛烈な反発を呼び、4日の会見では「不適切」として謝罪し、発言を撤回した。 後任人事についても最終調整に入っている。

12

森喜朗会長が辞意 12日表明へ 女性蔑視発言で引責

😋 森氏を擁護する意見の中で一番酷かったのは『誉めてるからセーフ』的な意見だ。 女性理事を選ぶというのは、日本は文科省がうるさく言うんですよね。 不愉快な思いをされたみなさまには、おわびを申し上げたい」と陳謝し、発言を撤回していた。

森喜朗氏、メディアに“つくられた”失言、文脈を歪曲報道…暴力的な辞任要求は不適切

✊ ご迷惑をお掛けしましたことを、誠に申し訳なく思っております。 しかし、森会長の謝罪会見を受けて4日に「問題は決着した」と声明を発表していたIOCが9日に「森会長の最近の発言は完全に不適切でIOCのコミットメントと(大会を見直す)五輪アジェンダ2020の改革に矛盾している」と一転、手のひら返しで批判。 だが、コロナ禍で東京オリンピック・パラリンピックが必ず開催される保証はない。

5

政界から川淵三郎氏に恨み節も 森喜朗会長の辞任表明、広がる混乱

😀 2月11日(木)「森会長が辞任の方向で調整」と複数メディアが報じる やなど複数メディアが2月11日、森会長が辞任する方向で調整に入ったと報じた。 冒頭挨拶に立った森会長は「今回私の不適切な発言が原因で、混乱をもたらしてしましました。

【森喜朗】森辞任で「汚れた五輪」浮き彫り…カネ、差別、変異型流入|日刊ゲンダイDIGITAL

✔ 後任には、森氏が前日に会談し、会長就任を打診した日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏(84)が確実となっていたが、大会委関係者によるとこの動きを政府が問題視。 今回の一連の流れについて「一番決定的なことはスポンサーが動き出したこと」としたうえで「トヨタをはじめ、ワールドスポンサーが動き始めたら、今のオリンピックは事業として成り立たない。 イメージを大切にするんだったら川淵さんは適任だとは思う」とコメントした。

森喜朗会長に東京五輪組織委員長の辞任求める声が続々。「#森喜朗氏は引退してください」がTwitterで拡がる(ハフポスト日本版)

❤ 森氏が元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏(84)を後継指名したことが反発を招き、後任選びは白紙に戻った。 今後の説明責任が問われる。

9

森喜朗氏の辞任発表に疑問の声相次ぐ 「何にも分かってない感ありあり」

👉 7人くらいおられるが、みんなわきまえておられる。 わだかまりの残る森氏辞任騒動の根本を考える。 自ら交渉役としてさまざまな難局を切り開いてきた森会長を失えば、1つ1つの交渉がスムーズに運ばず、開催への障害となる可能性も否定できない。

1