サン サーンス。 交響曲全集 マルティノン&フランス国立管弦楽団(2CD) : サン=サーンス (1835

サン・サーンスの有名な曲 解説・YouTube動画

👌 第2楽章 第1部 スケルツォ。

8

ヤマハ

😅 幻想曲(第2番)変ニ長調 作品101(1895年)• サン=サーンスは先人たちから多くを学びながらも、特定の流派に従うことはなかった。 268• を表現している」とされ 、 ()はサン=サーンスの美学を「厳密な設計、明晰な構築、論理的な展開、節約された線的・和声的手段」と表現し 、はサン=サーンスを「古典的フランス精神のただ一人の代表者」と評している。

サン=サーンス / Saint

👏 鼓手の婚約者 作品82• に13歳でに入学して 作曲とオルガンを学ぶ。 サン=サーンス自身による台本 恍惚 1862 独唱,pf 海の夕暮れ 1862 独唱,pf ヴィクトル・ユゴー詞 『スパルタクス』序曲 変ホ長調 1863 Orch アヴェ・ヴェルム ロ短調 1863頃 トスカーナのカンツォネッタ 1863頃 朝 1864頃 独唱,pf カンタータ『アイヴァンホー』 1864? 生前は演奏も出版も禁止した名曲 内輪で演奏されることを想定して書かれた「動物の謝肉祭」。 Camille Saint-Saens: A Guide to Research. 歌曲集「赤い灰」( La cendre rouge)作品146(1914年) (G. 天才故に出来ない人を理解できず、予備クラスで落選したことがあるアルフレッド・コルトーを馬鹿にしたというエピソードは有名です。

16

交響曲全集、ピアノ協奏曲全集、他 マルティノン、他(6CD) : サン=サーンス (1835

☺ 弱々しいワルツ 作品120• フランツ・リストも同じ標題のピアノ曲を書いています。

5

交響曲全集、ピアノ協奏曲全集、他 マルティノン、他(6CD) : サン=サーンス (1835

🎇 2つの大きな楽章の中にそれぞれ2つの結合された楽章が存在するという、4楽章構造のような2楽章構造をなしており、伝統的な形式をから発展させた新たな形式を意識している。 1871年には音楽教育家のR. この主題が入念に扱われたあととなり、との盛大なファンファーレに続いてによる第二主題が提示される。 誓い 作品130 (1910年)• ()(Ascanio)(1890年)• 作品 的な合理義を根底に持ちながら、の情緒を漂わせる作は、穏やかで知的な印をもたらす。

ヤマハ

👐 海老沢敏『作曲家の肖像』音楽之友社、1998年、220頁。 そして聴こうとして、いや、まいった!一番聴きたい交響曲が一番最後に入っているじゃありませんか!ううん、どうなんかなあ?小生は仕方なく、コピーして順番を入れ替えたものを作って聴いている。 終了後のにはフランク、らとともに国楽協会を設立し、フランス音楽の振興に努めました。

3

歴史に嫌われた不遇の作曲家 サン=サーンスの生涯

🌭 「ヴァーグナーがすべてで、彼の作品以外には何も認めないような狂信家」を非難したことは、彼が敵意を持たれる理由のひとつにもなった。 マズルカ第1番 作品21• 14 終曲 各曲の旋が、再度『』のの旋にそって登場する。

10

歴史に嫌われた不遇の作曲家 サン=サーンスの生涯

🤜 主要作品 [ ] 作品一覧については「」を参照 オペラ [ ]• (1918年)• 旅行好きとしても知られ 、に保養のために滞在して以来頻繁にを訪れたほか、や、、 、、などにも足を伸ばしている。 そして、そんな彼がピアノのためのエチュードを作曲し、曲は超絶技巧的で難易度が高い、というのは至極当然のことであった。

14

交響曲全集 マルティノン&フランス国立管弦楽団(2CD) : サン=サーンス (1835

😭 後半は第1楽章の主題を用いたピウ・アレグロのフガートで、行進曲リズムも登場する。 65などの作品では、バロック期の舞曲形式へのいち早い興味を示している。 『』で、を拡大して使用された。

19