しょう どく 大使。 トヨタ品質はこんなところにも! 足踏み式消毒スタンドの「しょうどく大使」が発売

トヨタが「しょうどく大使」を発売 クルマづくりのノウハウで初号機を大幅に軽量化

💅 その後、この足踏み式消毒スタンドを通して、社会に貢献したいとの想いから、医療用防護ガウンプロジェクトにも携わるTPSのプロが加わり、市販化の検討を開始し、試作品を医療機関に持ち込み、専門家の意見を基にベースとなるモデルを決定。

9

トヨタ、足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」発売へ…モノづくりの力で社会貢献

👇 SDGsへの取り組み. かくして生まれたのが、「しょうどく大使」と名付けられたトヨタの足踏み式消毒スタンド。 愛知県の医療機関や一部車両販売店をはじめ、大型商業施設や地方自治体などで実際にお使い頂き、実用性や衛生面、重さが気になるなどのお客様の様々な声をいただきました。 その後、この足踏み式消毒スタンドを通して、社会に貢献したいとの想いから、医療用防護ガウンプロジェクトにも携わるTPSのプロが加わり、市販化の検討を開始し、試作品を医療機関に持ち込み、専門家の意見を基にベースとなるモデルを決定。

13

トヨタ品質はこんなところにも! 足踏み式消毒スタンドの「しょうどく大使」が発売

😝 こうした取り組みは、「『誰ひとり取り残さない』という姿勢で国際社会が目指しているSDGs、持続的な開発目標に本気で取り組む」との豊田社長の宣言通り、世界中の人たちが幸せになるモノやサービスを提供すること、すなわち「幸せを量産する」取り組みのひとつだという。 こちらは12月1日より全国のトヨタ車販売店およびトヨタレンタリースの各拠点で販売される。 さらに組み立ても一人工にて短時間で作れる構造として、「人」に関してのコストも抑えているなどなど、文字どおり「良品廉価」の製品としているのだ。

12

トヨタが「しょうどく大使」を発売 クルマづくりのノウハウで初号機を大幅に軽量化

😅 愛知県の医療機関や一部車両販売店をはじめ、大型商業施設や地方自治体などで実際に使ってもらい、実用性や衛生面、重さが気になるなどのユーザーの様々な意見に耳を傾けてきた。 Source: CARSMEET WEB(カーズミート・ウェブ). パーツの取り外し・洗浄、車いすでの使用を可能にし、初号機の約6kgから約3. 価格(税別)は8000円。 写真では消毒液や上部にボードが付いているが、販売される製品にこれらは付属しない トヨタ自動車はかねてから製造現場の力やTPS(トヨタ生産方式)を活かし、マスクやフェイスシールドの生産、飛沫循環抑制車両の開発、医療用防護ガウンの生産向上支援などを行なっていた。

11

トヨタの足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」 感染対策として工場従業員が自発的に開発

🤑 担当者は「感染拡大防止に何か協力できないかと考えた。

12

トヨタが足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」の販売を開始! モノづくりの力で社会貢献する活動の一環|Motor

🐾 カラーは5色展示されていたが、当面はシルバーとブラックのみが発売される。 パーツの取り外しおよび洗浄、車いすでの使用も可能 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、トヨタは「もっといいクルマづくり」を支える製造現場のモノづくりの力やTPS(トヨタ生産方式)を活かし、マスクやフェイスシールドの生産、飛沫循環抑制車両の開発、医療用防護ガウンの生産性向上支援等を行ってきた。

14

トヨタ、足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」の販売を開始

🌭 本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。

19

トヨタ品質はこんなところにも! 足踏み式消毒スタンドの「しょうどく大使」が発売

🤑 2kg(マット含む)に軽量化するといった改良が重ねられた。 誰にでも使いやすく、良いものを、求めやすく届けすることにこだわったというトヨタでは、上郷部品センターで月2000~2500個レベルで生産を開始。 これらの取り組みは、「『誰ひとり取り残さない』という姿勢で国際社会が目指しているSDGs、持続的な開発目標に本気で取り組む」との社長の豊田の宣言通り、世界中の人たちが幸せになるモノやサービスを提供すること、すなわち「幸せを量産する」取り組み *2の一つです。

トヨタ、足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」の販売を開始

😗 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、トヨタは「もっといいクルマづくり」を支える製造現場のモノづくりの力やTPS(トヨタ生産方式)を活かし、マスクやフェイスシールドの生産、飛沫循環抑制車両の開発、医療用防護ガウンの生産性向上支援等を行ってまいりました。 そして足踏みペダルやポンプ台などは樹脂パーツを作るための設計、解析技術を使用し、製造も工場の設備で行なった。

3