群 ようこ。 群ようこ

楽天ブックス: おたがいさま れんげ荘物語

🚀 『ホンの本音』 1990 のち角川文庫• リーサ 演 - タリア・マルクス かもめ食堂の近隣に住む老婦人。 製作 [ ] 撮影にあたって、実際に存在する現地の食堂「カハヴィラ スオミ(Kahvila SUOMI)」をかもめ食堂のセットとして使用していた。 『贅沢貧乏のマリア』()角川書店 1996 のち文庫• 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 群ようこ(ムレヨウコ) 1954年東京都生まれ。

【大人の女性に】群ようこの人気おすすめ作品ランキング10選

❤️ 『人生勉強』 1995 のち文庫• 『ぬるい生活』朝日新聞社 2006 のち文庫• 『本棚から猫じゃらし』新潮社 1994 のち文庫• 518円 税込• 『本は鞄をとびだして』新潮社 1992 のち文庫• そこに住む、どこかおかしな個性豊かな住人たちとの触れ合いや 主人公の小さな幸せを噛みしめる長編小説です。 『かつら・スカーフ・半ズボン』 1995 のち• もともとこれを読んでいる読者は 意外性を期待していないんですね。 小説では、魅力あふれる登場人物や主人公の身の回りで起きるエピソードを中心に綴るエッセイと似た形式のものが多いです。

5

群ようこ

♻ その後転々と職を変えた後、や目黒考二の本の雑誌社に事務職として入社。 『肉体百科』 1991 のち文春文庫• そんなキョウコの一番の楽しみは、心の恋人・猫のぶっちゃんと散歩途中で出会うことだ。 テレビで「エアギター選手権」を観てフィンランドの国民性に惹かれ、目的、滞在期間、宿泊場所など一切決めることなくフィンランドに来たものの、空港で荷物を紛失してしまったことから、荷物が見つかるまでとして食堂の手伝いをすることとなる。

4

楽天ブックス: おたがいさま れんげ荘物語

⚓ (「ようこ」は目黒の初恋の女性の名前)• 『鞄に本だけつめこんで』 1987 のち文庫• 長編 224ページ• 『無印失恋物語』角川書店 1991 のち文庫• まだ読書に慣れていないという方はまずは中編から始めてみるのもおすすめですよ。 『ゆるい生活』 2015 のち文庫• チユキさんはマンションを友人夫婦に貸して、 家賃収入で暮らしていたのですが、 夜逃げをされていまいます。 日本人女性のサチエが営む食堂のお客さんは日本人男性だけでしたが、ある日、日本人女性2人がやってきて店を手伝うことになり、 食堂の日常が少し変化していきます。

12

群ようこ 文庫本一覧 (141作品)

⚡ イラストを描くのも好きであり、食堂のメニューを作成したり、店内に絵を飾るなどしている。 初来店時、サチエに『ガッチャマンの歌』の歌詞を尋ねたことが物語の始まりとなる。 、、、、、、、、 主な作品 [ ] テレビドラマ [ ]• 『無印良女』をはじめとする「無印」シリーズで人気を博す。

【大人の女性に】群ようこの人気おすすめ作品ランキング10選

🖖 群ようこさんの作品は長編が多いです。 商品リンク• 『ビーの話』筑摩書房 1999 のち文庫• 30代の頃から書き続けているエッセイの味は今も変わらず、思った感情を包み隠さず ストレートに伝えるところや、日常の中のエピソードを 面白おかしくユニークに話すその文体は、読んでいてとてもクセになりますよ。 それが意外であればあるほど 面白いってことになります。

【大人の女性に】群ようこの人気おすすめ作品ランキング10選

🤑 『雀の猫まくら』新潮文庫 1998 のちハルキ文庫• なんとなくわかります。 ヘアメイク - 宮崎智子• 夫に家を出て行かれてしまった中年女性 リーサ、経営していた店が潰れ妻子とも疎遠になっている男性 マッティなど「色々な事情」を抱えた人々との出会いを経て、ささやかな日常を積み重ねていくサチエたち。

17