Kumu 金沢。 関祐介が設計を手がけたホテル「KUMU 金沢」 地元のコミュニティや歴史へと誘う「くむ」デザイン

コンセプト|KUMU金沢【公式】

🤫 メニューは抹茶や加賀棒茶、お茶を使ったアルコール類をはじめ、その日の上生菓子やおつまみも提供します。 【建物・客室】 築44年のオフィスビルの歴史が刻まれた内装解体後のコンクリートの表情を積極的に生かしたデザインに、職人の手仕事を感じさせるディテールを取り入れ、趣のある空間を演出しました。

13

ホテル「KUMU 金沢」で、上質ローカルな滞在を

⚡ FAX 076-282-9612• [朝食]• 器は金沢のアンティークと器の店「(エニグム)」の選定による、地元陶芸作家の杉田明彦氏や中田雄一氏の作品が使用されているほか、スタッフのユニフォームは、テキスタイルデザイナーの安達大悟氏によるデザインの布地が使われている。 炉が切られた大テーブルでコーヒーやお茶を煎れながらゆっくりとお寛ぎいただけます。

18

「KUMU 金沢

🍀 8名収容可能な会議室もあります。 コンディショナー• お客様同士の距離を意識した整列・誘導• まちに開かれたシェアスペースでは、工芸作家や茶人、僧侶、アーティスト等とともに金沢の伝統文化にちなんだ多様なコンテンツを現代的な目線で展開します。 カップル、ファミリー、ご友人まで、ゆとりや落着きのある滞在をお求めの方に広くおすすめです。

16

コンセプト|KUMU金沢【公式】

⚡ 冷蔵庫• OMC• お部屋の設備含め、ご滞在にご満足いただけたとの嬉しいお言葉、誠にありがとうございます。

コンセプト|KUMU金沢【公式】

😋 ナイトウェア• 屋上には宿泊者のリフレッシュ空間になるルーフトップが設けられるなど、多くの機能を備えている。 Daimaru• その他、印刷工場をオフィス商業複合施設にコンバージョンした港区海岸「TABLOID」や東京内神田のシェア型複合施設「the C」、大人の部活がうまれる街のシェアスペース「BUKATSUDO」、次世代型公共施設を目指した日野市多摩平の森産業連携センター「PlanT」など、『くらし』の概念を『働く』『遊ぶ』『学ぶ』などにも領域を広げたプロジェクトの企画・プロデュース・運営も多く手がけています。 金沢の工芸品である二俣和紙に書かれています どの作品も空間に馴染むように展示されているのが、「KUMU 金沢」の特徴。

コンセプト|KUMU金沢【公式】

😋 金沢で活躍する気鋭の地域プレイヤーが集い、金沢の伝統文化を未来につなぐ文化サロンとなることを目指します。

16

KUMU 金沢 by THE SHARE HOTELS. 金沢市, 日本

⚓ インターネット接続 無線LAN形式• 作品は全部で13点展示。 各地に展開する私たちのホテルには、開かれた固有のシェアスペースがあり、 そこには、まちの人々や様々な活動が集まります。

11