全日空 コロナ。 ANAホールディングスに4000億円融資へ コロナ影響長期化に備え

全日空・日本航空の国内線 来月は再び減便へ 新型コロナ影響で

🤗 このほか、希望退職に応じる従業員の退職金を増やしたり、最長で2年間、給与なしで休み、キャリアアップに向けた活動に使える新たな休暇制度を設けたりして、人件費を削減する方針です。 それに伴い、世界の航空業界の業況が急速に悪化している。 JALは一度破綻しており、株は紙くずになったことは覚えておかないといけません。

6

全日空・日本航空の国内線 来月は再び減便へ 新型コロナ影響で

🌏 この通期予想は2021年時点で国際旅客5割、国内旅客7割に回復する見通しのもと数値化しています。 来月の後半には「敬老の日」や「秋分の日」の連休も控えていますが、各社は慎重に需要動向を見極めながら、引き続き運航計画を見直したいとしています。

19

全日空 国際線 再開の場合は羽田優先へ

🤗 正直言って現状の国際旅客は1割にも満たないため、5割も回復することは現実的ではなく、希望的観測に過ぎないと思います。

20

コロナが直撃、ANAショック…年収3割カット、冬のボーナスゼロ[新聞ウォッチ]

👊 ANA片野坂社長「公募増資 決めてない」 ANAホールディングスは経営トップみずからが「創業以来、最大の危機」と表現する厳しい経営環境を乗り切るため、雇用は維持しながら、人件費の削減を進めます。 しかし、今回のコロナ問題はその事実も崩れる可能性も秘めていますので注意が必要です。

12

ANAの強み一転、経営の「足かせ」に…路線拡張・機体購入 : 経済 : ニュース : 読売新聞オンライン

😭 本問題の影響により、就航便の減少、客の大幅減による収益性の悪化を危惧し、ANAが下げトレンドへ。

13

【コロナショック】どうなる全日空(9202)今後の株価、業績、倒産確率を予想

📲 韓国法務部は全ての有効な日本旅券(外交旅券と公用旅券を含む)所持者に対する大韓民国入国時の査証免除措置を停止しています。 さらに、従業員の雇用を維持するため、来年春までに400人以上の従業員を、外部のホテルやコールセンターなどに一時的に出向させるほか、これまで海外の企業に委託していた、航空機やエンジンの整備などを自社の従業員で行うとしています。

3

ANA、5千人休業を提案 客室乗務員が対象、人手余り [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

😁 さらに航続距離が長いボーイング787型機を活用して、東南アジアやオーストラリアと結ぶ、新しい格安航空のブランドを2022年度をねどに立ち上げるとしています。 世界経済全体が上向く中、ANAは国際線の拡大を進めることによって業績を拡大させた。

12