国税 局 ホームページ。 メッセージボックスのセキュリティ強化について

【国税庁】ホームページ新着情報(11/30~12/4)

😊 )ができる機能を提供しております。 2 医療費控除の対象となる医療費の要件• なお、給与所得のある方について、平成31年4月1日以後、給与所得の源泉徴収票は、確定申告書への添付又は確定申告書を提出する際の提示が不要となりました。

17

メッセージボックスのセキュリティ強化について

🖖 ということは・・・裏を返せば「ホームページの作成費用については見解を変える」可能性があるというコトです。 【文書回答事例のご案内】 文書回答手続を利用した照会に対する文書による回答(文書回答事例)を国税庁ホームページにて公表していますので、もご利用ください。 つまり、国税庁の見解としては「ホームページというモノは更新されるのが当たり前であり、1年前の内容とはガラッと変わっているだろう」ということが前提にあります。

5

No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)|国税庁

👏 もし、30万円以上の作成費用をかけるようであれば、その経費処理の方法について少し考えた方がいいかもしれません。

12

国税庁のホームページやe

👏 国税庁のホームページによれば、ホームページの費用の取り扱いに関して次のように説明されています。

13

質疑応答事例|国税庁

👀 また、文書回答手続の照会手続や照会様式等については、をご覧ください。 無税と聞きましたが本当ですか。 ですから、最初に支払ったホームページ作成費用の効果は1年ももたないと思っているからこそ、経費にできるというわけです。

20

【国税庁】ホームページ新着情報(11/30~12/4)

🤐 まとめ 基本的に制作費用が10万円未満であれば1回で経費にしても大丈夫です。 これからはホームページ作成費は1回で経費にできない可能性が高い? 以下は私の見解になってしまいますが、今後はホームページの製作費は1回で経費にできなくなる可能性が高いと思います。

高機能のホームページの作成費用は1回で経費にできない可能性が高い!

🍀 税金について申請する機会があれば、国税庁のホームページを利用してみてください。 ただ、それなりの効果をウェブに期待するのであれば、ちゃんと専門業者に依頼をしてしっかりとしたサイトを構築する必要があります。

3